まな母乳育児相談室

まな母乳育児相談室は、入間市・飯能市・狭山市周辺で「桶谷式乳房手技」と共に様々な授乳や育児に関する相談を行います。

緊急事態宣言下で思ったこと 家庭編

新型コロナウィルス感染拡大を受けて

3月に入って学校が急遽休校に入り

そのまま新学期が始まることなく、緊急事態宣言が発令され

我が家の小学生'Sは3ヶ月間

誰とも遊べない

家に引きこもりの生活になりました。

保育園に通う長男も緊急事態宣言後は保育園を休み

5月いっぱいまで家で過ごしました。

夫も3月から在宅ワークに切り替えてもらっていたので

4月からは常に5人が家に引きこもり。

買い物も週1回私が1人で1度行くのみ。

 

こんな生活は経験したことのない生活でした。

多くの方がそうだったと思いますが・・・

 

そんな生活の中で感じたこと。

その1

『親が全ての役割を担うのは非常に厳しい』

子ども達の衣食住の世話、勉強、生活リズムの確保、精神的ケア、運動不足の解消、遊び相手

それに加え

自分の仕事、家事。

色々な制限がある中で、全てをこなすことは

正直心身共に疲弊しました。

保育園の存在、学校の存在を改めて深く感謝しました。

 

その2

『適度な人との接触は必要である』

緊急事態宣言の終盤、5月後半から長女が情緒不安定になりました。

夜になると得体の知れない恐怖に襲われ、怖くて涙を流すようになりました。

きっとこの生活の影響だと思いましたが、

一緒に手を握って寝てあげること

話を聴いてあげること

大丈夫だよと抱きしめてあげること

それくらいしかできなくて、この先壊れていってしまうのではないか、ととても心配しました。

でも、学校生活が再開し

新しい学校で新しいお友達ができはじめ

お友達と話したり、遊んだりする機会が増えてくると

夜長女が得体の知れない不安に襲われて泣くことはなくなりました。

大人も、子どもも人と繋がって、社会的な繋がりがあってこその笑顔のある生活だと思いました。

家族のイラスト/無料イラスト・フリー素材2
私自身も、以前よりはかなり接触を控えていますが、仕事を再開して赤ちゃん達と会う機会が出てきて、
緊急事態宣言下より、かなり心のエネルギーが満ちてきました。
3密を避ける生活がいつまで続くのかは分かりませんが、

少しずつでも人と人の健全な関わりが戻る日がくることを願ってやみません。

 

その3
『子どもは自由に動いてこそ健全に過ごせる』
外に出て外気も浴びない
外に出て運動もしない
歩行での移動がほとんどない
こんな状況下で、私は子どもの心身の健康・発達がとても心配でした。
心配の通り
体力は落ち

情緒不安定になり

きょうだい同士のけんかも増え
親の方も日々イライラが増えました。

無料イラスト] ケンカする子供 - パブリックドメインQ:著作権フリー ...

室内での運動を取り入れたり
人が少ないところへ散歩に出かけたり
好きなものを一緒に食べたり

いつもなら普通のことが普通にできない中で
やはり子どもには自由に過ごす時間や場所が必要だと痛感しました。

遊ぶ子どものイラスト・無料素材

お祝い

この度、引越や開業に伴って、色々な方々にお祝いをいただきました。

心から感謝しています。


コロナの影響もあり、この先の不安が大きくなったり

モチベーションが下がってしまったりすることがありました。

でもお祝いをくださった方々の温かいお気持ちを毎日目にして

前向きに一歩一歩進んでいます。

毎日感謝の気持ちを忘れず、声を掛けながら水やりなどをしているのですが

なにせ、サボテンも枯れてしまう私。

f:id:mana-oketani:20200616125845p:plain

なぜ、育て方通りにするのにサボテンも枯れる・・・

元気な姿を残しておきたくて、ブログに書いておこうと思います。

 

f:id:mana-oketani:20200616130406j:plain

映画「うまれる」「ママをやめてもいいですか」の豪田トモ監督より

 

f:id:mana-oketani:20200616130530j:plain

助産師の先輩より

 

f:id:mana-oketani:20200616130604j:plain

助産師仲間より

来所されたママ達、植物パワーに癒やされてください。

 

シュガーバイン鉢 | 無料イラスト素材|素材ラボ

 

長男のトイレトレーニングからの学び

今回も長編です。

 

先日の記事に書きましたように、末っ子長男くん御年3歳がトイレに行くようになりました。

f:id:mana-oketani:20200528113635p:plain


母としては生後間もなくからおむつなし育児をしたりして

1~2歳にはトイレに行くことを想定しての育児だったので

とてもとても長い道のりでした。

めまい|シルエット イラストの無料ダウンロードサイト「シルエットAC」

 

職業柄、トイレトレーニングの相談を受けることもしばしば。

 

そんな私に長男が試練を与えてくれているのか、と思うほど、あの手この手トライしました。

 

家族みんなでトイレを楽しく盛り上げる

保育園での集団効果を狙ってみる

子どもに好きなパンツを選ばせてみる

トイレに行けたら一緒に喜んだり、楽しいことをしてみる

定期的に誘ってみる・・・

 

各月齢で成長具合やおしっこの間隔などを見ながら

それなりに工夫してみたけれど

長男は頑なに

「僕のパンツは紙おむつ。紙おむつがいい。おむつの方がかっこいい」

でした。

 

もうしばらく放置しようか、とさじを投げようと思っては

いや、そんなんではいけない。

何か解決策はあるはず・・・

そう悩む毎日。

 

でも、おむつ在庫なし作戦に出てみたのは、

「選択肢があるから良い方を選ぶ」のは当たり前と思ったから。

大人だって理由は色々あるにせよ、自分の好みの物と好みの物でない物とあったら好みの方を選ぶのは当たり前。

子どもならなおさら(*´∀`*)

選択肢をなくしてみたら、

彼なりに色々試行錯誤した結果

しぶしぶその道(お兄さんパンツの道)を選びました。

男性用下着のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

「紙おむつ」と言う選択肢をなくした後の長男を見ていて分かったこと。

彼の頭の中では

「トイレに行ってしないから、おしっこが漏れて濡れてしまう」

のではなく

「お兄さんパンツを履くから、おしっこが漏れて濡れてしまう」

だったのです。

 

彼は濡れた手で触ってしまった濡れた浴室のドアノブを自ら拭くような、若干細かいというか、きれい好きなところがあります。

きっと彼とって、おしっこが出て、自分がびしょびしょになってしまう、という体験が非常に嫌だったのだと思います。

「お兄さんパンツを履いたから濡れるんだ」

という強烈なインパクトが彼の中にあって

お友達と違かろうが

お兄さんパンツの方がかっこいいと言われようが

おむつは恥ずかしいと言われようが

仮面ライダーパンツ似合うと言われようが

とにかく濡れることが嫌だったのです。

 

在庫切れ後24時間で

濡れる原因が『お兄さんパンツ』でなく、『トイレに行かないこと』

だと気づいた途端

体や認識の準備はできていて、意識が変わったから

別人のようにトイレに行くようになったのだ、と母は思いました。

 

何でも個性がある。

子どもなりの理由がある。

 

常日頃肝に銘じて子育てをしているつもりですが、

どうして?と考えすぎたり

普通は・・・とか考え出すと見えなくなる部分がありますね。

長いトイレトレーニングの道の中で

いつの間にか私自身が

もう3歳になるのに

3時間空く時も出てきたのに

と思ってしまって、焦り始めていました。

悩み・不安に困惑する可愛い女性のイラスト | 無料フリーイラスト素材 ...

 

コロナ禍の中、2ヵ月の休園で家でずっと過ごした長男と

断乳の時と同じように、親の方も決心固めて向き合って

見えてきたこと、できたことでした

 

今回も子どもに色々と教えていただきました。

ありがとうm(_ _)m

改めて、自立の一歩おめでとう!!

トイレトレーニング 我が家の長男の長い旅路~後編~

僕のパンツは紙おむつ。

その意思が変わることなく歳月が流れ

親の方もこのまま合わせていたらいつまでこのままなのか、興味もありましたが・・・

 

先日、サイズぎりぎり紙おむつの在庫が残り10枚を切りました。

もうワンサイズ上の紙おむつを購入してはいたのですが

主人と相談して

「もう3歳のお兄さんがはける紙おむつはない」

そして

「お家に紙おむつは1枚もない」

という体で、

長男に話を振り、どう反応するかやってみよう!!ということになりました。

 

在庫が7枚→5枚→2枚→1枚に減っていく中

「どうする?もうこれしかないよ。トイレ行こう!!」

と言っても、

「まだあるでしょ!!」

と強気で全くトイレに行かない、お兄さんパンツはかない長男。

 

うーん(~_~;)汗

 

とうとう最後の1枚が濡れてしまいました。

「あ~あ、もうないよ」

 

その後下着も履かずにウロウロして、あの手この手の攻防戦。

長男的に、最後に思いついた最後の手段。

 

「ママ、パンツ(紙おむつ)お店に買いに行こう!!」

まぁ、彼なりによく考えたもんですが・・・

 

「もうお店にはたろくんが履けるおむつはないよ」

と一掃する母。

 

しばらくすると・・・

しぶしぶお兄さんパンツを履き出した長男。

 

おっ!!

やっと履いたヽ(^o^)丿

 

その後1日は1時間半を目安にトイレに誘い

トイレでおしっこしたり、パンツにしてみたり・・・

 

が!!

次の日から長男は別人に変身!!

 

突然トイレにダッシュ!!

 

一緒にトイレに入ろうとしても

「来ないで!!」

と叫ぶ長男。

 

いやいや、無理っしょ(゜Д゜)

と思いましたが。

3mmくらいの隙間から覗いて、見守ることに・・・

 

「うーん!!ママ、頑張ってして~」

 

外から懸命に

「頑張って~」と応援。

 

すると・・・

「出た~」

 

 

f:id:mana-oketani:20200528113635p:plain

僕1人でできる!!

 

なんとなんと!!

2年もの間、全くしなくなってしまっていたうんちまで1人でトイレでしたんです(*゜д゜*)

 

もうね、母は感動で涙でした(T_T)

 

そこから長男、夜中以外一度もパンツを濡らさず、自らトイレに行くようになりました。

 

何だったんでしょう??

この2年。

 

次回、長男のトイレトレーニングからの学びに続く・・・

再開

今日は学校が再開となりました。

f:id:mana-oketani:20200601132827p:plain

賑やかな学校にはほど遠いですが・・・

3月から3ヶ月間長い休校期間でした。

 

お友達と会えない、外に出られない、この先どうなるのか分からない・・・

子ども達も普通の『休み』とは違い

色々な我慢、不安があったと思います。

 

我が家の娘達も、転校生として新しい学校で今日からスタート。

どうしよう、どうしよう、と朝から挙動不審でしたが

無事初登校しました。

f:id:mana-oketani:20200601133032p:plain

ドキドキの初登校

担任の先生、そして、同じクラスのお友達達と少しずつ新しい形の学校生活を送っていければいいなぁ、と思います。

 

学校に関しては、

遅れた学習はどうなるのか

この先ずっと行事などはなくなってしまうのか

学校生活が継続できるのか

学校生活の開始に伴って、感染拡大が生じるのか

数え上げたらきりがないくらい不安がありますが

なにはともあれ、「今」がこの瞬間しかない子ども達が

少しでも健全な生活が送れる日々が取り戻されていくことを願うばかりです。

 

子ども達が元気に笑って毎日過ごせますように・・・

 

学校もしばらく半日で分散登校なので

その間私自身も仕事のバランスが難しいなぁ、と思っておりますが

ぼちぼち感染対策に留意しながらできることを再開していきます!

 

 

トイレトレーニング 我が家の長男の長い旅路~前編~

夏が近づいてくると、1~3歳のママが悩むのがトイレとレーニングの話題。

我が家の子ども達も3人3様の経過でした。

中でも最近になってやっとトイレに目覚めた長男3歳のトイレの自立の話題について今回は触れてみたいと思います。

 

今回は長編です…

長いのが苦手な方はスルーしてください。

 

第1子の長女は1歳9ヵ月でトイレに行くようになったものの

第2子が生まれて赤ちゃん返りで戻り。

赤ちゃん返りが落ち着いた2歳1ヵ月に1日で昼も夜も一気に自立。

 

 

f:id:mana-oketani:20200527130532p:plain

親も驚くスパッと終了

 

第2子の次女は日中は保育園の入園の頃(1歳4ヵ月)にはほぼトイレに行っていて

夜中のおねしょだけ、年長さんまで月2~3回はしてしまうが続いたパターン。

 

f:id:mana-oketani:20200527131413p:plain

おねしょだけが悩みでした

 

 

でも、なんだかんだ言っても、2人ともあまり苦労しなかったのです。

2人を育てている間は、とても大きいサイズの紙おむつはなぜあるのだろう??と首を傾げていたものです。

 

が!!!

長男(第3子)は違った・・・_| ̄|○

同じようにおむつなし育児を生後すぐから始め、1歳まで順調にトイレで用を足していた長男。

お姉ちゃん達もいるし、このまま自分でいつの間にかトイレに行くようになって楽だろう♪

なんて思っていたのですが・・・

独歩が始まった途端、トイレを猛烈に拒否(゜Д゜)

母の頭の中には???しか浮かばず。

でも独歩は自立のスタートなので、自分で好きなときに自由に動きたいんだね、と見守っていったら・・・

保育園入園の頃には1日に1回行ければ良い方、時が経てば経つほど、トイレ行ってたっけ?と思うほどに・・・

 

 

f:id:mana-oketani:20200527130755p:plain

保育園の先生も困惑する拒否っぷり

気づけば、周りの子がお兄さんパンツお姉さんパンツ(紙おむつではなく、下着のパンツ)を履くようになり・・・

よし!大量に下着パンツを買い込み、いざ本人に。

本人の好きな仮面ライダーや、戦隊ヒーローのパンツなども入った充実したラインナップのパンツ達。

周りの子も履いているし、さぞかし「やってみる!」と食いつくかと思いきや…

 

「たろのパンツはこれじゃない!!お兄さんパンツは嫌だ!おむつがいいの!!!!」

 

はい?( ゚Д゚)

おむつがいい、って何?

 

保育園の先生方にもご協力いただき、お兄さんパンツ万歳モードに盛り立てるも

お兄さんパンツを脱いで投げ捨てる始末。

 

もうここまで来たら、

好きなだけおむつ履いてみろ!

と親の方も面白くなってきて見守っていたのですが…

一向にお兄さんパンツ履く気0。

完全なる紙パンツ信仰。

 

さて、難解な長男くんのトイレへの道のりはいかに…

 

後編に続く…

相談室を造るにあたってこだわったこと ~その2~

首都圏も緊急事態宣言が解除になり

新型コロナウィルスとどう共存していくか、

感染拡大を最小限に留めつつ、どう生活をしていくか、

違う段階に入りました。

新しい生活様式

個人的には、必要と思うこともあれば、却って弊害が大きいのではないかと思うこともあれば・・・

でも、未知のことなので柔軟に対応していくしかありませんね。

 

さて、先日その1では『快適さ』を挙げました。

その2では

『防音』

 

私も1人目、2人目を育てている時、マンションに住んでいて

子どもが泣くと隣の部屋の人から壁を蹴られたりして

いつも(特に夜は)泣かないで、と思ってしまったものです。

でも、赤ちゃんは泣くのが仕事。

それをしないで、と思う自分にも自己嫌悪。

そんな毎日でした。

 

f:id:mana-oketani:20200527085100p:plain

大きな声で泣かないで~と思っていました・・・

 

そんな経験談もあり

相談室に来た赤ちゃんには好きなだけ自己主張してほしい

一緒にいるママにも大きな声で泣けて元気だねぇ、と変な気を遣わずに過ごしてほしい

と思いました。

 

なので、家造りを始める時に防音性の高い建物、造りをポイントの一つにしました。

全体の防音性が高い分、家の中の音は響きやすいですが

外にはほぼ聞こえません。

外の強い雨の音やサイレンの音なども気にならずに過ごせます。

 

相談室にいらっしゃる間は、ぜひ元気な赤ちゃんの泣き声を一緒に褒めてあげましょうね。

元気な泣き声の赤ちゃんお待ちしています。

 

f:id:mana-oketani:20200527085434p:plain

赤ちゃんの元気な主張大歓迎